デブのデブによるデブのためのブログ

デブログ

デブのダイエット デブの生活

ジムは初めてでも恥ずかしいと思う必要なし!その理由と準備の流れを書いていく

更新日:

トレーニングジム。筋肉モリモリの男達やスラッとしたボディラインにキュッとしたくびれを持つ女達が集う汗臭い空間。

デブなんかが行ったらムキムキの人やスラッとした人に「うわ、デブが来た。ぷぷぅ、くすくす」と思われて恥ずかしい思いをするのではないか。

筋トレなんてしてきてないから機材の使い方も全然わからなくてオロオロし、「うわ、デブがよくわからん動きしてる。ぷぷぅ、くすくす」と思われるのではないか。

私はジムに行く前は少なからず上で書いたような妄想をしていたが、そんなことも言っていられる状況でもないのでついに決心してジムに通い始めた。

今回はまだジムに行ったことのない人向けに、ジムに通い始めるまでの流れと実際のジムの雰囲気、恥ずかしいと思う必要がない理由を書いていく。

行き始めたジム

私が通い始めたジムは、「JOYFIT24」という24時間営業のジムである。

ここを選んだ理由は以下の点である。

  • 単純に家から近い
  • 24時間営業なので仕事が遅くなっても行ける
  • 早起きすれば早朝に行くこともできる
  • 夜遅くや朝早くなら人がほとんどいなくて誰にも見られずトレーニングできる

正直なところ最初と最後の理由が大きい。遠いところにわざわざ行くのは面倒で、自分のトレーニングを人に見られるのが恥ずかしいという理由だ。

料金は月額8000円くらいで、思ったよりは安い。とは言えいい値段がするのでちゃんと行かなければと背筋が伸びる。

とりあえず、家から遠いと足も遠のくのでジムは家から近い所をおすすめする。

ジムの雰囲気

私の行っているジムは機材はそんなに豊富な感じではなく、更衣室やシャワールームも完備ではあるが広くはない。

しかしトレーニングルーム含め全体的に綺麗で、全く臭くなく、温度や湿度もしっかり管理されていて、いい感じの音楽も流れている。

デブはほとんどいない。物凄いマッチョもいない。外国人デカイ。ガリガリは少しいる。年齢層は20代〜30代が多い。

妄想していたような雰囲気は全くなく、汗臭くもないのには驚いた。デブがいないというのも驚いた。でもそんなの関係ない!!

ジムで恥ずかしいと思わなくていい理由

機材の使い方は書いてある

機材には初めての人にも優しく分かりやすく絵や写真付きで使い方が書いてある。

鍛えられる部位や、重量の目安、回数やセット数の目安まで書いてあるのであまり迷わずに使うことができる。

それでもわからない場合はジムの人に聞けば教えてもらえるので、よくわからず右往左往するくらいなら聞いてしまおう。もしくは人が使っている所を見て覚えよう。

おそらく絵や写真で使い方はわかるので聞くことはほとんどないとは思うが。

みんな自分に夢中

みんなジムに何をしに行っているのか。それは自分自身を鍛えるためだ。

つまりみんな自分のトレーニングに夢中なので、わざわざ他の人を見ない。そんな暇はない。

頭の中は筋肉のどの部位を鍛えているのかの意識と、今何回やったかと、まだやれるのかという自身への問いかけだけ。

逆に物凄いマッチョになれば羨望の目で見られるかもしれないが、それくらいしか注目されないので恥ずかしいなんて思う意味がない。

自分もトレーニングでいっぱいいっぱいになる

トレーニングを始めると、周りなんて見る暇がなくなる。自分自身との対話しかしなくなる。

むしろ周りがどうなんて考えていたら怪我をしかねないので注意が必要だ。

今何回目か、しんどいから辞めてしまおうか、あと3回だけやろうか、重さを軽くしてやろうか、などなど楽をしようとする自分を何とか抑えることに必死になるので、恥ずかしいだなんて思う暇はない。

ジムに通うまでの流れ

今回は私の場合こうだったというのを書くが、一般的な流れも変わらないと思うので参考にしてもらって大丈夫だと思う。

トレーニングウェアとシューズを買う

ジムは契約したらすぐに利用開始できるが、トレーニングウェアと靴がなければどうしようもないので先に買っておく。

買ってしまえばもう行くしか無いという状況にもなるのでさっさと買ってしまおう。

私は安い物でよかったので、アマゾンで安いやつをさっさと買ってしまったしそれで良かったと思っている。

インターネットで見学予約をする

ホームページでジムの内装や機材はわかるので不要であればそれでいいのだが、初めての場合ジムの雰囲気やどんな人が来ているのか気になると思うので見学した方がいいだろう。

いきなり行って見学できるところもあるが、ジムの人も必ず対応できるわけではないのでWEB予約しておいた方がいい。

見学はタダなのでとりあえず見に行ったらいいと思う。

インターネットで入会手続きをする

実際に入会するジムを決めたら、そのジムのホームページから入会手続きをしてしまう。料金支払い方法とかそういったやつだ。

ここでできる手続きには限界があり最終的には実際に店舗に行かなければならないため、入会手続きを店舗でする日時もここで決める。

WEB上で入会手続きをしておくと店側も色々楽になるため手数料が安くなるなどの特典があることも多いようだ。

実際に店舗に行って入会手続きをする

入会時には本人確認ができる物など持っていく必要がある物があるが、事前のWEB手続きの際に店舗に持っていく物は教えてもらえるのでちゃんとそれを持っていくこと。

実際に店舗に行くとジムの人が誓約書など色々書類を持ってくるので、それを記入する。

ジム利用に関する同意書もあり、機材を使う上での注意事項に対して理解しましたと同意するのだが、機材の名前や道具の名前なんて知らないのでちゃんと質問するようにしよう。

これで晴れてジム会員となったので、思う存分トレーニングをしよう!

終わりに

ジムに行けば自分も含めてみんな自身のトレーニングに夢中になる。機材の使い方も分かりやすく書いてある。もう恥ずかしい理由などなかろう。

それでも最初の一歩がやはり重たくなってしまうのは仕方がないが、一度行ってしまえば何ということもないのでジムに興味があれば行ってみてはいかがだろうか。

何かの参考になれば幸いである。

以上。

Sponsored Link



Sponsored Link



-デブのダイエット, デブの生活

Copyright© デブログ , 2019 All Rights Reserved.