デブのデブによるデブのためのブログ

デブログ

デブのダイエット

ダイエットしてるはずが逆に太る人の特徴5選

投稿日:

人は自身が太り過ぎたと感じた時ダイエットを考える。ダイエットして体を細く、引き締めてスタイルを良くしたいと願うのだ。

しかしきちんとしたダイエットの知識がないまま自己流で痩せようとすると、逆に太ってしまう人も存在している。

今回はせっかくダイエットをしようとしているのに太ってしまう人の特徴を書いていくので、ダイエットの際には是非気をつけてもらいたい。

①食事回数を減らしている

ダイエットを始めるとなるべく食べないように考えるのが道理である。

そのためそれまで3食食べていたのを2食に減らしたりする人がいるが、それはダイエットにおいては大きな間違いである。

食事回数を減らすとその分空腹感が強まり、いざ食事をする際にいつもより多く食べてしまう。

そして食間が空けば空くほど体は飢餓状態を感じてしまい、エネルギーを摂取した際により体に蓄えておこうとしてしまう。

したがって同じカロリーを摂取したとしても3食に分けるより2食で食べた方が太りやすくなってしまうのだ。

お相撲さんなどが体を太らせる食事方法と同じことをしてしまっているので、食事回数を減らす行為は絶対にやめてもらいたい。

むしろ小鳥みたいにちょっとずつを何回にも分けて食べるのがダイエットとしては正解である。

②ちょっと痩せたらすぐ元の生活に戻す

ちょっと太ったからといってダイエットを行い、ちょっと痩せたからといってまた元の生活に戻してしまうと確実にリバウンドする。

人間の体はなるべく今の状態を保とうとするため、痩せた状態をある程度維持しないと体はまだ太った状態に戻ろうとしているのですぐに太るのだ。

しかも人間の体というのは本当に凄いもので、再度痩せようとしても体が前回の体重減少を繰り返さないために省エネモードに切り替えてくるので、同じように痩せようと努力しても同じような結果は得られないのである。

したがってちょっと痩せてリバウンドして、また痩せてリバウンドをと繰り返すと毎回同じようにダイエットしようとしても前回ほど痩せられず、でもリバウンドはしてトータルでどんどん太ってしまう。

本人としてはダイエットを頑張っているつもりになっているが、自分で自分の体を痩せにくくしていっているのだから悲劇という他ない。

③○○を食べるだけ系ダイエットをしている

たまにある「○○を食べるだけ」系のダイエットを特に普段の食事を変えずに実践している人は痩せることなんてできないと思った方がいい。

いつもの食事に追加で食べるなんて、ただでさえカロリー過多の状態でさらにカロリーを追加するとは狂気としか思えない。

せめて普段食べているハイカロリーな食べ物と置き換えるのであれば分かる。

むしろそういった置き換えダイエットにしようという心持ちがない時点で痩せるつもりがないと言っているようなものだ。

仮に本当に痩せたとしても、これから先ずっとその食べ物を食べ続ける覚悟がないと意味がない。ダイエットをやめてその食べ物を食べなくなるとまた太るからだ。

同じものをいつまでもいつまでも食べ続ける覚悟があり、尚且これまで食べていた何かとの置き換えができる人のみ「○○を食べるだけ」系ダイエットを実践していいのである。

④運動を全くしていない

ダイエットにおいて運動の重要度は2〜3割程度と言われているが、長期的に見れば運動は物凄く重要な要素となる。

人は摂取したカロリーと消費したカロリーの差分だけ太るわけだが、その消費カロリーは基礎代謝や運動によって増える。

運動による消費カロリーは如何にたくさんの筋肉を動かすかによって増やすことができる。水泳など全身運動がダイエットに良いと言われるのはそれだけ多くの筋肉を動かすからだ。

またダイエットする場合は下半身のトレーニングをすると良いというのも同じ理由で、人間の筋肉の7割程度は下半身についているためだ。

すなわち運動をして筋肉を増やすと、同じ運動をしてもより多くの筋肉を動かすことになるため消費するカロリーもその分多くなるのだ。

逆に言うと運動せずに痩せると筋肉がやせ細ってしまうため、その後運動をしても消費できるカロリーが減ってしまうので痩せにくい体になってしまう。

そのまま摂取カロリーをダイエットしているままにしても消費カロリーが減ってしまうと結局摂取カロリーの方が大きくなってしまい、結局太るという悲しい状態になってしまうということだ。

適度な筋肉は体を引き締めてむしろ体を細く見せるので、運動しながらダイエットすることを強く推奨する。

⑤睡眠不足に陥っている

睡眠はダイエットにおいて物凄く重要な役割を担っている。

睡眠時に分泌するホルモンは脂肪分解作用があるためこれを分泌させない手はないのだ。

さらに睡眠不足の状態は食欲を制御するホルモンのバランスが崩れてしまい、自身で食欲を制御するのが困難になってしまう。

最近は夜遅くまで起きている人が増えているが、ダイエットを志すのであれば早寝早起きを心がけて7時間くらいの睡眠時間はとるようにしよう。

終わりに

今回はダイエットをしているつもりが逆に太ってしまう人の特徴を書いてみたが、自身に当てはまってはいなかっただろうか。

もし当てはまっていたならすぐに対策を講じること。さもなければ悲劇が起きてしまう。

ダイエットは辛いが正しく実践すれば体は応えてくれるものなので、清く正しく美しく生きるために正しい方法で努力してもらいたい。

以上。

Sponsored Link



Sponsored Link



-デブのダイエット

Copyright© デブログ , 2019 All Rights Reserved.