デブのデブによるデブのためのブログ

デブログ

デブの婚活

体重100kg超えがぽっちゃりデブの出会いについて考える

更新日:

同志諸君こんにちは。良きデブライフを送っているだろうか。

食べるに困らずそこら中に美味しい食べ物がいくらでもあるこの時代、我々デブにとってはとても生きやすい環境にあると言える。

しかし恋愛至上主義、自由恋愛主義である現代においてデブはかなり分が悪い。

今回は体重が100kgを超える自他共に認めるデブがデブの出会いについて考察していく。

現代のデブが置かれた状況

現代の恋愛市場、婚活市場におけるデブの位置付けはかなり悪い。

今の日本は男女雇用機会均等法などで女性の社会進出が進み、男女共に一人で生きていけるため無理矢理結婚する必要がないのでわざわざデブを選ぶ必要がない。

さらにインターネットの普及により目にする異性の量が格段に増えたことで、デブの状況は益々ひどくなっている。好んでデブを選ぶ人は限られた極僅かの物好きだけだからだ。

女性はまだぽっちゃり好きの男が一定数いるので救いがある。実際、婚活イベントでもぽっちゃり女性が好きな男性を集めたイベントが数多く存在する。

しかし逆にぽっちゃり男性を集めた婚活イベントなどほとんど存在しない。

簡単な話、極少数の女性のためにイベントを開催してもお金が集まらないからやらないのだ。それほどまでにデブ男に需要はない。ぽっちゃり好き女性も別にぽっちゃりじゃなきゃ駄目というわけでもないので他のイベントで拾えるのだ。

恋愛市場、婚活市場においてデブに人権はない。特に男は。

デブの恋愛・婚活方法(一般編)

デブだが恋愛したい。結婚もしたい。じゃあどうするか。

最も簡単なのは痩せることだが、それでは「デブの恋愛・婚活」とはまた話が変わってくるのでここでは置いておく。一応繰り返しておくが痩せるのが最も手っ取り早いのは間違いない。

デブ男の場合はまず清潔感を出すのは必要不可欠な要素だ。デブが嫌われるのは清潔感がないからなので、せめて清潔感を出すように努力する必要がある。

髪や眉毛を綺麗に整え、髭もなく、服装もジャケットなどで清潔感を出す。これがベースにないと何をしても意味がなくなってしまうので注意だ。

そして年収が必要となる。デブであれば今の年収−400万円くらいが自分の市場価値と言っていいくらいだ。年収800万円なら自分と同レベルの顔面レベル、コミュ力で太っていない年収400万円の人と同価値ということだ。

ちなみに年齢は自分と同じくらいの人を狙う前提である。

もし若い人を狙いたいなら1歳につき100万円年収を上げてもらいたい。20代であればまだ将来性から年収が高くなくてもいける場合があるが、それ以上からはシビアに見られるので若い人は急いでもらいたい。

デブ女の場合も清潔感は凄く重要だ。そして肌の手入れは怠らないようにしてもらいたい。

男は単純な生き物なので、恥ずかしがらずにネットに落ちているようなモテ仕草をして愛嬌を出してぽっちゃり好きのイベントに行くのだ。

女性の場合年収によって自分の価値を上げることができないので、より自分磨きが必要となってしまう。そして年齢がかなり重要視されてしまうので、結婚したいなら本当に早く動いたほうがいい。

デブの恋愛・婚活方法(私的見解編)

ここからは私が聞きかじった心理学を応用し、デブが恋愛や婚活をする上での方法論を書いていく。

まずデブ男であるが、趣味を通じたコミュニティを自分で作るのが良いと考える。

というのも、女性は自分の目にする男性のランキング上位に好意を持つからだ。転勤や部署異動すると接する男性が変わってランキングが更新されるので、それまで好きだった人がそうでもなくなったりする。

都会は晩婚で田舎は早婚だが、これは接する男性の量が段違いなために他ならない。またインターネットの普及により目にする異性が増えたことも晩婚化の原因の1つであろう。

したがってデブ男は自分でコミュニティを作ってそのトップになれば、少なくともそのコミュニティでのランキングは上位にくるのでモテる。そういった意味では人の作ったコミュニティでランキング上位になるというのもありだ。

大学サークル内で立場が上の人は大体モテていたと思うが、要はそういうことなのだ。

次にデブ女であるが、男性は特に頼りにされたい生き物なのでとにかく男に媚びていく他ない。女には嫌われるかもしれないが。

愛嬌を意識し、ボディタッチ多めで男性を頼って気分を良くしてあげればいい。そしてすかさず「SOS」を繰り出すのだ。

S:凄い! O:教えて! S:流石!

これを男性に言えば男性の承認欲求が満たせて手の平でころころ転がってくれるので是非試してもらいたい。

実践できないなら結婚相談所が手っ取り早い

色々書いたが、どれも実践できなさそうならもう結婚相談所に行ってしまうしかない。

結婚相談所に行けば自分の婚活市場における価値を判断してもらうことができ、そして自分と同じくらいの市場価値を持つ女性を紹介してもらえる。

難点は、人は自分で自分のコミュニティ内における市場価値を判断し、それより上位の異性を捕まえると満足度の高い恋愛ができると言われているため満足度の高い恋愛はできないかもしれない。

しかしそもそもデブは自由恋愛市場において自分の価値が低いので、自分で色々活動をしない人がそんなハイリスクハイリターンを狙うのはおこがましいだろう。

自分でできないけど結婚したいならもう相談所に行くしかない。昔のようにお見合いがあったりお家制度があったりしないのだから。

終わりに

つらつらと駄文を書いてしまったが何か参考になっただろうか。

デブは伸びしろがあるので是非頑張って自身の市場価値を高めてもらいたい。

太れるのはそれだけ栄養が吸収できるということなので、あえてマッチョ路線を狙ってみても面白いかも。

何にせよ何かを得たいならそれに見合った行動をとらないとどうしようもないということは言っておく。

以上。

Sponsored Link



Sponsored Link



-デブの婚活

Copyright© デブログ , 2019 All Rights Reserved.