デブのデブによるデブのためのブログ

デブログ

デブのダイエット

100kg超えデブが感じた糖質制限のメリット・デメリット

投稿日:

糖質制限ダイエット。それはその名の示す通り糖質を制限して行うダイエットだ。

最近は結構流行っているが、やはり食生活がガラッと変わるだけに事前に色々知っておきたいと思うのが当然であろう。

私は体重126kgまで太った状態から糖質制限ダイエットを開始し、2ヶ月で10kg以上の減量に成功した。そして今尚糖質制限ダイエットを継続中である。

そんな私が感じている糖質制限のメリットとデメリットを書いていくので、何かの参考になれば幸いである。

糖質制限のメリット

まずはメリットから書いていく。流行るだけあってやはりメリットは多分にあるので安心してほしい。

スタートダッシュが決まりやる気が出る

ダイエットを行う以上毎日体重を量ることと思う。

糖質制限をするとまず体のグリコーゲンが減り、グリコーゲンが保有していた水分が抜けるので体重がストンと落ちる。

いきなり糖質制限の効果が数字に現れるのだ。それはやる気も出るだろう。

元々糖質まみれの生活を送っていればいるほどこのスタートダッシュは決まりやすく、私の場合は毎日0.2〜0.4kgくらいを2週間減らし続けた。

継続が大切なダイエットにおいてこの体重が実際に減るという成功体験はかなり大事なので、これは大きなメリットである。

ダイエットなのに食欲を満たせる

普通ダイエットは空腹感と戦いながら行うものだが、糖質制限ダイエットではそれがない。

糖質を制限すればいいので低糖質なものは食べてよく、肉や魚はたっぷり食べていいので満腹まで食べることができる。

加えて最近は低糖質なおやつもよく売られているので、間食も可能だ。

もちろん食べ過ぎては意味がないので節度はもってほしいが、それでもおやつも食べられて満腹まで食べることができるダイエットはなかなかないのではなかろうか。

計算が簡単で習慣化しやすい

通常のダイエットだと何を食べたからカロリーがどうであるとか、自身の体重や筋肉量により基礎代謝がどうであるとか、運動強度が何の運動をどれくらいやったから何カロリー消費したのかだとかそういう計算をする。

もちろんざっくりでいいので難しい計算が必要なわけではないし、一日の消費カロリーなんて最初に計算していればなかなか変わるものでもないのだが、それでもこれまでどれだけカロリーを摂ったか覚えておいて計算する必要がある。

しかし糖質制限ダイエットでは食べて良いものが大体決まっているので難しい計算が不要だ。

もちろん糖質の摂取量は気をつけなければならないので足し算は必要だが、1食あたり何g目標か先に決めているのでその時その時ちょっと足し算するだけでいい。食べるものによっては計算すら要らない。そんなレベル。

あれこれしなければならないという状態は「面倒臭い」と思ってしまい、これは習慣化を阻害する大きな要因となるので簡単であるというのは凄いメリットなのだ。

ゲームの縛りプレイみたいで楽しくなってくる

これは人によりけりだろうが、糖質制限をすることで食べていいものが制限され「如何に低糖質で美味しい物を食べようか」いう縛りプレイが楽しくなってくる。

ここ何年もやっていなかった料理をするようになったし、最近では弁当を持って会社に行くようになった。

スーパーで糖質が抑えられたスイーツを見つけたら嬉しくなるし、同じように糖質制限をしている人との情報共有も面白い。

もちろん何の制限もなくひたすらに美味しさを追求するのもいいが、こういった制限ありの中で行う食事も面白いものである。

糖質制限のデメリット

何事もメリットがあればデメリットもある。いくらメリットがあってもデメリットの方が大きければやらない方がいい。参考にしてもらえればと思う。

食に対する興味が薄れる

糖質制限前は何も気にせず食べていたため、ただ単に美味しそうかどうかを判断基準にしていた。

糖質制限を始めてからは糖質を意識するようになり、私はこの縛りを面白いと感じれたがそれでもやはり疲れていると面倒だと思うことがある。

そうすると「食べて良くて美味しいいつものアレ」をよく食べるようになる。

そして何食べようかなという思考をしなくなり、ついには食に対して興味が薄れてしまう。

平日は仕事があるので、朝いつもの弁当を作り、仕事に行ってお昼に食べ、夜は帰りにコンビニでスープと焼鳥を買うという流れがあるので食べないことはない。

しかし休日はいつ食べてもいいが故に作るのも買いに行くのも億劫で、プロテインバーで済ませてしまったり最悪食べないという選択もしたりする。

栄養は摂取すべきなので、食に対して興味が薄れてしまったのはデメリットだと感じている。

おならが臭くなる

糖質制限すると肉や卵をたくさん食べる。特に卵はかなり素晴らしい食材のため1日に4〜6個食べたりする。

そのためかおならが凄く臭くなる。元々も臭いものではあるが、さらに臭くなったことを実感する。

野菜をたっぷり食べて食物繊維をしっかり摂り、水分もたくさん摂って便秘にはならないように気をつけてもらいたい。便秘になるとただでさえ臭くなったおならが更に臭くなるからだ。

自身のデメリットというより周りの人にとってのデメリットではあるが、我々人類が社会性動物である以上自身にとってもデメリットであると言える。

筋力も落ちる

これは糖質制限に限らずダイエットをする上で避けては通れない問題だが、筋力が低下する。

これは体がブドウ糖をグリコーゲンから取得できないために筋肉や脂肪を分解して取得するからだ。

したがって、筋肉を落としたくない場合は筋力トレーニングを行う必要がある。

トレーニングのパフォーマンスを高める炭水化物が摂れないので、パフォーマンスが落ちてしまうことは覚悟しておいてもらいたい。

終わりに

糖質制限のメリット・デメリットを書き連ねてみたが参考になっただろうか。

食生活がガラッと変わるので体もガラッと変わってくるが、悪い方向に変わった人は早目に病院に行って医師に相談することをおすすめする。

少なくとも私はおならが臭くなったくらいで健康体だと思っているので、糖質制限は良いダイエット方法だと思っている。

楽しく健康的なダイエットライフとならんことを祈っている。

以上。

Sponsored Link



Sponsored Link



-デブのダイエット

Copyright© デブログ , 2019 All Rights Reserved.