デブのデブによるデブのためのブログ

デブログ

デブのダイエット デブの哲学

100日間ダイエットをした結果と成功の秘訣

更新日:

ダイエットを始めて100日経過した。

毎日毎日1日も欠かさずダイエットをしたわけではないが、ダイエットを開始してから100日が経過したので一つの節目として筆を執ろうと思う。

結果としてもなかなかに痩せられたし、思い返してみて何故ダイエットに成功できたのかその秘訣を書いていく。

100日間のダイエット結果

①トータルの結果

100日間ダイエットを行った結果、私は15kg以上痩せることができた。

ダイエット開始当初が126kgで現在の体重が110.4kgなので15.6kg減ったことになる。

特にお腹周りが細くなった実感が強く、ズボンもガバガバになってきている。ベルトは元々穴が空いているタイプを使っていないので何穴分くらい細くなったのかはわからないが、そろそろベルトを切らないと使えなくなるレベルまできた。

また腕時計のベルトもガバガバになり1段階細くした。そろそろもう1段階細くしないとゆるゆるになってしまう。

頭部も細くなり、いつも髪を切ってもらっている美容師さんもいつもとハサミやバリカンを入れる角度が違うと驚かれた。

パット見の顔はあまり痩せた感はないのだが、全身鏡で半裸の自分をみるとやはり痩せてきたなという感じがわかるくらいには痩せることができた。

②最初の2ヶ月で11kg痩せていた

トータルで15kg以上痩せたわけだが、実は開始2ヶ月で11kg痩せていた。

やはり最初はみるみる体重が落ちるので苦しいながらも楽しさがあり、意外と楽に痩せられるんじゃないかと思っていた時期である。

この期間に年末年始があり、1週間ほどダイエットとは無縁の生活を送っていたのだが、その期間で増えた体重は1周間で元に戻せたので案外リバウンドもしないような気がしている。

③3ヶ月目は少し停滞していた

年末年始を含む約60日で11kg痩せたのでなかなか調子に乗ってしまっていたことは否定できない。

3ヶ月目はチートデイと称して週に1度気持ち悪くなるほどドカ食いをしていた。

その結果3ヶ月目は2.6kgしか減らすことができなかった。

怠惰な生活を反省し、そこから今までの10日ほどで1.4kg減らしているので、3ヶ月目はもったいなかったなと思っている。

ダイエット成功の秘訣

①シンプルなダイエットをする

複雑さは面倒臭さを生み、面倒臭さは習慣化をなくしてしまうのでとにかくシンプルなダイエットをしたことが良かったと思っている。

私は糖質制限ダイエットをしたので、とにかくシンプルに「糖質を制限する」ということに注力してきた。

もちろん栄養素がどうだとか運動がどうだとかも考えはしたが、その辺りは余裕があれば程度に考えてとにかく糖質制限をしたら痩せることができた。

みんなダイエットのことだけ考えて生活できるわけがないので、なるべく脳内メモリを使用せずにダイエットするためにシンプルな方法を推奨する。

②最初こそ厳しくダイエットする

世の中には物凄い数のダイエット方法が存在するが、よくある「ゆる○○ダイエット」はあまり感心しない。

もちろんダイエットは長期間継続しなければならないものなので、なるべく緩くして長続きしやすくするのは分かる。

しかしスタートダッシュが決められないと真綿で首を絞められるような感じで、ただ緩い苦痛がずっと続いていく感覚になってしまう。本当に痩せられるのかという疑問も湧く。

なのでやる気のある最初こそ厳しいダイエットを行って、ある程度痩せたら制限を解除して「ゆる〇〇ダイエット」に切り替えたら良いと思う。

少なくとも私が痩せられたのはスタートダッシュを決めて楽しくなったからだと自負している。

③ご飯は一人で食べる

人とご飯を食べるのはコミュニケーションの観点からも大事なのは分かる。

しかし人が美味しそうな物を食べていると自分もついつい食べたくなってしまい、食べたくなるだけならいいが食べても大丈夫じゃないかという気にもなってしまう。

自分と同様にダイエットしている人と食べるのが1番良いが、もしそういった人が周りにいないのであれば一人で食べるしかない。

朝も昼も夜も一人で食べる。ダイエット成功まではなるべく誘惑から遠ざかることを意識するのが肝要だ。

ダイエット成功後は、人と食べる機会は普通に食べ、一人で食べる時はダイエット食にするというメリハリをつければ緩く長く続けられるはずだ。

④ダイエット仲間と簡素なやり取りをする

ダイエットは仲間がいた方が良い。

私の場合はツイッターに食事を毎食アップしているし、兄弟姉妹とライングループでやり取りをしている。

やはり一緒に頑張っている人がいると心強いし、ダイエット辞めたいなと思った時に思い留まることができるので是非ダイエット仲間は作ってほしい。

しかしそのやり取りが面倒臭くなってしまうと逆効果なので、適度に簡素なやり取りをして互いにストレスがないようにすべきである。

ツイッターも昼ご飯と晩御飯しかアップせず、あとは人の投稿を見て「いいね」を押していく。自分の投稿にも「いいね」が付くと嬉しい。それくらいだ。

兄弟姉妹とは流石に会話もするが、やり過ぎず1日昼と夜にそれぞれ数回のやり取りくらいに留めている。

ひたすらに「面倒臭い」という状態を避けることが長続きの秘訣なのだ。

終わりに

今回は100日間ダイエットをした結果と成功の秘訣を書いたが参考になっただろうか。

100日間というのも別に「100日間ダイエットしよう!」と決めていたわけではなく気付いたら100日経っていたという方が正しいので、特に100日間だけダイエットをすることを推奨しているわけではないことは言っておく。

まだまだこれからもダイエットを継続していくので、都度都度経過報告をしていこうと思う。

よければまた覗いてみてもらえれば幸いである。

以上

Sponsored Link



Sponsored Link



-デブのダイエット, デブの哲学

Copyright© デブログ , 2019 All Rights Reserved.